後継者の不足に悩む会社が多い理由

バナー

後継者の不足に悩む会社が多い理由

日本では後継者の不足に悩む会社というのがかなりあります。
これは日本独特の会社のシステムといったようなことも関係していると考えれれます。


多くの会社では借金をして運営費用をつくってきていましたが、この借金の多くは経営者である社長が個人補償をしている場合が多くて、このことが後継者不足をつくりだしている大きな要因となっていると考えられます。

後継者になるということは、この借金の個人補償も引き受けることになるというわけです。



ですから、なかなか後継者になる人を確保しにくいといった状況をつくりだしているわけです。



このように企業の負債を経営者に個人補償させているといった国は非常にまれといえます。海外では企業の借金は当然企業が負うものとして、そのようなものに個人補償をさせているというのは多くはないのです。


これからの国際社会において、企業の力というのは非常に重要なものとなります。特にこのような借金をかかえている中小企業のような力は当然必要なものとなりますので、こういったことの解決策といったようなものを検討していくこともこれからの課題といってもいいかもしれません。



今の日本の銀行はちょっと優遇され過ぎているといった指摘もあります。

このような例の他にも住宅ローンなどの場合にも海外では住宅から立ち退くことでローンはのこらないような仕組みとなっているものが多いのですが、日本では住宅を立ち退いても返済を迫られます。


こういったところを改善していくことも大切ではないでしょうか。

マツエク 経営はとても評判が良いです。

業務案内 | 会社設立相談ドットコムのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

電力 見える化の優良サイトの情報を公開中です。