ハクビシンなどの害獣の駆除について

夜になると、ガタガタと物音がしたり、家の中が糞便の臭いで臭いを感じたり、ダニやノミが繁殖して困っている場合は、ハクビシンが棲みついている可能性があります。
害獣は、体の大きさや凶暴性には関係がなく、人間に被害を与える哺乳類のことです。ハクビシンは鳥獣保護法という法律があるため、発見しても自分で捕獲をしたり、駆除することはできません。

ハクビシンの被害で困られている場合は、保健所や市役所で許可を得てから、専門の駆除業者に依頼することが大切です。

専門業者に依頼すると、被害の状況を知るために現地調査をしてもらうことができます。専門業者に依頼すると、ハクビシンを家から追い出したり、捕獲をした後は、家屋への侵入を防ぐための対策を行ったり、糞便を処理したり、ダニやノミなどの駆除なども行ってもらうことができます。

ネズミの屋根裏情報が満載です。

害獣は、自分では捕獲ができないため、専門業者に相談をすることが大切です。



電話で相談をすると、迅速で丁寧な応対なので、安心して依頼して下さい。


数多くの優良な専門業者が存在しているので、見積もりを無料で行ってもらうことができます。現地調査をしてもらうことで、被害状況を知ることができますし、生息している場所を特定しやすくなります。



ハクビシンは、屋根裏に棲みつくことが多いため、夜間のなると足音などの騒音で睡眠が妨げられたり、ダニやノミなどが原因で、健康被害が出る可能性があるので、早めに相談をすることが大事です。